婦人科

当院の婦人科について

内科・循環器内科と婦人科の「おだ内科クリニック」は、年齢や性別にかかわらず、ご家族皆さまで通っていただけるアットホームな医院です。
とりわけ婦人科の診療につきましては、個室の診察室を設け、新しい検査機器を導入するなど、設備面でも診療環境の向上を図っています。若い世代から更年期を迎えた方まで、女性特有の身体の不調にお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談においでください。検診も随時行っております。

当院の婦人科を受診される患者さまへ

「おだ内科クリニック」の小田華と申します。私は産婦人科医として、当院における婦人科領域の診療を担当しております。これまで患者さまへのさまざまなサポートをしてまいりましたが、この度、当院の婦人科は設備面を刷新。プライバシーに配慮した個室の診察室や新しい検査機器を導入するなど、より充実した診療環境を備えるに至りました。
ところで皆さまは、婦人科に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。とくに若い年代の女性にとっては、ちょっと敷居が高く感じられるかもしれません。婦人科が対象とする患者さまは若年層から更年期世代の女性ととても幅広く、しかも女性特有の症状はさまざまです。
たとえば、毎月の生理やそれに伴う症状など、多くの女性が日常生活のなかで我慢や不快を強いられています。近年では妊娠回数が減っていたり、結婚・出産年齢が高くなっていたりすることなどから、生理に伴う症状も複雑化しています。もちろん生理そのものは病気ではありません。しかし「病気ではないから」と自己判断せず、一度婦人科に相談することで、毎月の不快が解消されていく可能性があることをぜひ知っていただきたいと思います。
若年層に多い子宮頸がんも、いまや早期治療で治せる病気となりました。小山市では子宮頸がん予防のHPVワクチン接種を積極的に実施しているので、若い女性の方もためらわずに早めの来院をおすすめします。そして、婦人科の受診に抵抗感がなくなれば、これからの人生のなかで起きる女性特有の不調についても気軽に相談、治療といったことがスムーズに行えるはずです。
診療にあたり、これまでの経験から私が基本としているのは、まず患者さまの訴えを丁寧に聞くこと。それが後の治療、適切な処方を行うための第一歩であると考えます。また、年齢にかかわらず、多くの女性の皆さまにはもっと自分の身体を知り、身体と対話していただければと思います。そして身体に不調があったとき、よりよい方向へと導くために私たち医師ができる限りお手伝いいたします。患者さまの症状が改善され、最終的に健康を取り戻すことができれば、私にとっても大きな喜びです。
当院は院長が内科・循環器内科を担当しておりますので、診療科をまたいだご相談も承ります。当院をご自身やご家族のかかりつけ医としてご来院の上、体調についてどうぞお気軽にご相談ください。

当院の婦人科の診療内容(疾患や症状・治療)

一般的な女性特有の症状から婦人科検診まで、幅広い疾患、検査に対応しています。なお、不妊治療について当院での対応は初歩的なアドバイスに限っており、高度な治療は行っていません。また、妊娠後の診察・治療・出産についても他院をご紹介いたします。

不正出血・過多月経など

不正出血・過多月経など

【症状】不正出血や過多月経などの症状がある場合、生理不順(月経不順)以外にも、月経困難症、月経前症候群(PMS)、子宮筋腫、子宮内膜症といった疾患が疑われます。出血に加え、日常生活を送りにくいほどの腹痛や頭痛といった症状が著しい場合は、当院にご来院の上、受診されることをおすすめします。
【検査・診断】必要に応じて検査を行い、診断いたします。

不正出血・過多月経など

⚫︎症状

不正出血や過多月経などの症状がある場合、生理不順(月経不順)以外にも、月経困難症、月経前症候群(PMS)、子宮筋腫、子宮内膜症といった疾患が疑われます。出血に加え、腹痛や頭痛といった症状が著しい場合は、当院にご来院の上、受診されることをおすすめします。

⚫︎検査・診断

必要に応じて検査を行い、診断いたします。

性感染症(カンジタ、クラミジアなど)

性感染症(カンジタ、クラミジアなど)

【症状】おりものの異常、外陰部のかゆみなどの症状があります。検査を要します。
【治療】患部への投薬、錠剤の投薬などを行います。

性感染症(カンジタ、クラミジアなど)

性感染症(カンジタ、クラミジアなど)

⚫︎症状

おりものの異常、外陰部のかゆみなどの症状があります。検査を要します。

⚫︎治療

患部への投薬、錠剤の投薬などを行います。

更年期障害

更年期障害

【症状】不定愁訴(イライラ・不安・不眠など)、ホットフラッシュ(ほてり)、だるい、やる気が出ない、動悸、めまいなどの症状で、年齢的にあてはまるような場合は更年期障害を疑います。当初、一般内科で診てもらったものの、婦人科へまわってくるケースもよくあります。
【治療】漢方薬の処方などを行います。

更年期障害

⚫︎症状

不定愁訴(イライラ・不安・不眠など)、ホットフラッシュ(ほてり)、だるい、やる気が出ない、動悸、めまいなどの症状で、年齢的にあてはまるような場合は更年期障害を疑います。当初、一般内科で診てもらったものの、婦人科へまわってくるケースもよくあります。

⚫︎治療

漢方薬の処方などを行います。

不妊治療(不妊症相談)

不妊治療(不妊症相談)

【症状】子どもがほしいけれど、なかなか妊娠しないといったケース。患者さまの年齢によっては、さらに高度な検査・治療が可能な病院をできるだけ早めにご紹介します。
【治療】タイミング療法など初歩的なアドバイスのほか、排卵ホルモンの検査などを行います。診察の結果によっては、排卵誘発剤の投薬を実施します。

不妊治療(不妊症相談)

⚫︎症状

子どもがほしいけれど、なかなか妊娠しないといったケース。患者さまの年齢によっては、さらに高度な検査・治療が可能な病院をできるだけ早めにご紹介します。

⚫︎治療

タイミング療法など初歩的なアドバイスのほか、排卵ホルモンの検査などを行います。診察の結果によっては、排卵誘発剤の投薬を実施します。

健診・検診

健診・検診
自治体(小山市)や企業の子宮頸がん健診のほか、気になる症状に対する検診を行っています。症状があれば、子宮体がんも検査の対象となります。
◎経膣超音波検査機を導入しています。これにより、子宮だけでなく卵巣も検査できるようになりました。

当院の治療について

新しい超音波検査機器による検査

当院では、新しい超音波検査機器による子宮・卵巣などの検査が可能です。まずは健康診断などで検査を受けていただき、もしもそこで何らかの病気が見つかった場合は、治療についての相談の機会を設けます。当院での治療がむずかしい場合は、治療体制の万全な病院をご紹介いたします。

ピルと漢方薬

ピルと漢方薬

特定の疾患における治療薬の選択肢のひとつに、ピルと漢方薬があります。ピルは避妊目的から生理日の調整、体調管理まで幅広く利用価値があります。低用量ピルや中用量ピル、アフターピル(緊急避妊ピル)など、目的に合わせて処方いたします。使用法や副作用が心配な方は、医師とよく相談してください。
漢方薬については、とくに婦人科系の病気に効能のあることから、昔から広く利用されてきました。多目的な効果が望める点で、漢方薬は当院でも処方しています。

特定の疾患における治療薬の選択肢のひとつに、ピルと漢方薬があります。ピルは避妊目的から生理日の調整、体調管理まで幅広く利用価値があります。低用量ピルや中用量ピル、アフターピル(緊急避妊ピル)など、目的に合わせて処方いたします。使用法や副作用が心配な方は、医師とよく相談してください。
漢方薬については、とくに婦人科系の病気に効能のあることから、昔から広く利用されてきました。多目的な効果が望める点で、漢方薬は当院でも処方しています。

更年期障害

動悸やめまいなどの自覚症状があったことから循環器内科を受診したところ、とくに心臓に問題はなく、結局原因は更年期障害と婦人科で診断された…。このようなケースは当院でもしばしば見受けられるものです。
更年期の女性については、できるだけ年に1回は健康診断を受けることをおすすめします。まずはご自分の不調の原因を知っていただくことが大切です。

検診・健診について

自治体(小山市)の健診

そのほかの検診

小山市在住の方には、毎年健康診断の案内が市より送られてきます。その要綱に従い、お住まい近隣の病院などで検査を受けるようにしましょう。
◎健康診断の結果によっては、大きな病院で精密検査を指示されることもあります。
◎子宮がん(頸がん)の検査の予約は、随時受け付けています。

そのほかの検診

患者さまのご希望により、各種の検診・検査を行います。

pagetop